お金ってなぁに

お金ってなぁに

お金ってなぁに

お金とはそもそも何なのかと問われるのであれば、生きていくための手段だと答えてしまいますが、もともと人々は、物と物を交換する物々交感で欲しい物を手に入れていました。

 

そして、時が経つにつれて、それらの取引は貨幣を媒介して行われる脳に変化し、金や銀などで作られたお金と物を交換するようになったわけですよね。

 

その後に、お金は紙で作られる紙幣となり、今日までに至るわけです。 つまり、お金は物を交換するための道具だったわけで、子供のころから1円を粗末にするな、1円を粗末にするものは1円になくと、私たちは教育されてきましたが、その意味はお金が重要であるという意味ではなく、お金の背後と周囲にあるものが大事だという教えだったのです。

 

日本語は面白いもので、日本の貨幣単位にある円は、縁に通じており、人と人を繋ぐ道具であると考えられ、1人では商売は成り立たず、多くの人の力を借りることで商売は成り立つのです。

 

その人たちとの関わりを大切にすることが重要で、お金はそれを繋ぐ道具だという事です。

 

こういってしまうと、結局お金でしか人とのつながれないのかと、思われてしまいそうですが、後からい金が繋がってきたと言えば分って貰えるでしょうか。

 

農家の人が農作業をする時に鍬などの道具を使いますが、鍬の使い方が下手くそでも命を落とすことはありませんが、今の日本では、お金の使い方が上手く無いからという理由で、命を途絶えようとする人がいます。

 

そして、お金を持っている人が皆さん幸せなことはありませんし、それどころか親子の断絶や親族の争い、企業が内部分裂するなど、お金に関する悩みに終わりがありません。 自分に問いただして見て下さい、お金を手にして何をしたいのかを。

再生ファンド

再生途上の企業の資金繰りには、いろいろな方法があり、キャッシュの入口を拡張して、新しい資金を入れる方法はDIPファイナンスがあり、帳簿上のキャッシュフローを好転させる方法であればDDSやDESがありますが、これらとは真逆に、キャッシュの出口を狭めたりする手法として、金融機関とのリスケジュール交渉や不動産の任意売却による不良債権処理が挙げられます。

 

それぞれの計画には、長所と短所があるのはご存じのとおりで、概論を言わせてもらうと、これらの方法は、どれも決して債務者に対して使い勝手が良い物ではありませんし、どの方法も金融機関との交渉が必ず必要になるので、資金を調達するまでに時間が掛ります。

 

もちろん金融機関は自分の利益を追求して来るので、債務者だけが得になる計画はあり得ません。