資金繰りは余裕を持って

資金繰りは余裕を持って

資金繰りは余裕を持って

回収日より先に支払い日が来てしまうと、否応なく資金調達に奔走することになるでしょう。ところが、回収が集中する日の後に、支払い日が来るように調整することで、資金調達をする必要がなくなるのです。

 

入出金の内容は全く同じでも、期日を調整するだけで、資金繰りの内容は大きく変わるのです。資金調達ために融資を行なえば、利息も発生してしまいますし、余計な手続きをすることにより、お金と時間と労力の無駄を作ってしまうのです。売上の回収金で、その月の仕入れをするように期日を調整することは、健全な経営に繋がるのです。

 

資金繰りの中で、最も大きな割合を占めるのは人件費と言えます。給与の支払いは待っては貰えません。社員の生活がかかっているので当然のことです。この給与の支払い日を調整することによって、余裕を持った資金繰りが行なえます。

 

まず、給与は仕入れ費と違って、毎月の支払い額が固定されているので、支払いの計画が立て易いというメリットがあります。毎月絶対に支払いがあることは明確なので、資金に一番余裕が出る、売上金の入金日直後に給与の支払いが来るようにすることです。

 

また、ノルマ達成金や能力給などの不定期の支払いは、直後の給与に反映させるのではなく、確実にその売上が回収できるまでを評価の対象として支払いを行うとスムーズな資金繰りになります。

リース契約

資金繰りと在庫管理は密接な関係にあります。営業チャンスを逃してしまわないように、在庫を持つことは必要不可欠ではありますが、在庫は販売されて初めて資金となるものです。たくさんの在庫を持っていても必ずしもその在庫が資金となる保証はないのです。

 

流行に左右されるものであったら、時間の経過で全く価値を持たないお荷物となってしまいます。商品価値を持たないものでも、保管をするための費用は発生してしまいます。それは、倉庫の家賃であったり、商品管理費であったりします。

 

そんな無駄をおこしてしまわない様に、販売予測と在庫管理を徹底することが必要なのです。

 

そのためには、在庫切れをおこさない程度の在庫量の設定、生産体制を整えることが、とても大切と言えます。 また、材料の仕入れから、商品が完成して販売するまでの時間を短縮することで、チャンスを逃さない販売と、在庫の保管費の節約になり、資金繰りが上手く回って行きます。 会社を起業する場合など、多くの設備投資が必要になることでしょう。

 

また営業利益を上げるためにも、設備投資は必要不可欠であるといえます。 設備投資の資金調達として、金融機関から融資を受ける場合が多いと思いますが、資金繰りを良くするために、設備は現金購入するのではなく、リース契約も視野に入れておくと、無理な設備投資をしないで済みます。

 

リース契約のメリットとしては、まず、資金調達の必要がないこと。
短期リース契約によって設備の陳腐を防ぐ事が挙げられます。

 

リース契約は、長期使用として考えると設備を購入するより多少割高になってしまうのがデメリットと言えますが、営業利益を上げるために設備投資の借入金を増やしてしまい、資金繰りに負われるようになってしまっては本末転倒になってしまいます。