資金調達と融資

資金調達と融資

資金調達と融資

融資を受ける場合、借入者は会社の経営が常に計画的に運営されていること。そして、経営者自身が会社の実態を十分把握しているということを金融機関に十分に理解と信頼をしてもらうことが融資交渉のスタートとなります。

 

今後の資金繰りを考えると、融資交渉では、少しでも有利な条件を獲得したいと思うのが当然と言えるでしょう。 では、そのためには金融機関と、どういった関係で、どのような交渉をしていけばよいのか説明していきたいと思います。

 

まず、経営者として絶対にやってはならない行動は、血相を変えてお金が不足したと、慌てて銀行に飛び込んでしまうことです。

 

これは、経営者が会社の実態を把握していなかったと露呈しているようなものです。この時点で金融機関の担当者は、経営者がこれから説明する話についても、信頼を寄せることが難しくなってしまうことでしょう。

 

まずは、担当者に信頼してもらい、融資を行なっても大丈夫だと安心してもらうことが大切なのです。

 

その上で、重要な融資交渉について話を円滑に進めていくには、財務内容や資金繰り状況、経営計画などに関するわかりやすい資料を提示して、資金調達の必要性を論理的に説明することです。

 

そして、会社の現況に基づいた上で、融資の返済条件についても納得してもらうことが必要です。

リース契約

金融機関は融資を実行するにあたって、担保や保証の必要性、どれだけの保全対策を取るべきなのかを審議します。

 

このことに対して、経営者はリスクをどのように制御できるかを説明する必要があります。

 

つまり、会社の置かれた状況と申込内容を的確に説明して、融資実行に納得してもらうための材料を用意しなくてはならないのです。

 

まずは、会社が黒字経営であることが有利な融資の条件と言えるでしょう。きちんとした利益が出せる事業計画を持っていること。
仮に経営が赤字になってしまっても、速やかに黒字に戻れる事業計画を持ち合わせていることを伝えておくことが必要です。

 

赤字のための融資は金融機関より金利アップを言い渡される可能性があります。 そうなると資金繰りに悪い影響が出てきてしまうので注意が必要です。

 

さらに、経営者は融資交渉時において、自社の資産価値、今後の見通し、さらには自社の商品やサービスを購入するユーザーや自社の所属する産業についてもきちんと把握していることが求められます。

 

そして、これらとの関連において、今後の売上予測、経営の見通しを、所属する産業全体という視点で捉え、そして希望的観念を入れずに説明できれば、有利な融資を引き出すことも可能だと思います。

 

有利な融資引き出すために、金融機関とは日頃から友好的な関係を築いておくことも大切だと思います。

 

融資に引け目を感じる必要はありません。
また融資されている客として高飛車な態度もよくありません。

 

あくまで、金融機関と借入者は対等な立場にあって、適度なコミュニケーションを取りながら取引を行なっていくようにしたいものです。 金融機関にとって、情報の開示は喜ばしいことです。

 

逆に不都合な情報をひた隠す会社は不信感持たれ、そして隠ぺいは必ず見破られてしまいます。不都合な情報であっても、きちんと報告することが、結果的にはよい方向に向かうことになると思います。

 

日頃から担当者とコミュニケーションをとっていれば、折に触れて、現在の会社の資金繰り状況や資金調達予定を伝えることも出来ます。
そして、信頼関係を築くことが出来たなら、今後の融資において、よい条件の提案がされる可能性もあるのではないかと期待も持てます。

 

会社を経営していくには、金融機関とは長いお付き合いになる場合が殆どです。円滑な資金繰り、資金調達、有利な融資のためにも、友好的な関係を作っておくことが理想的と言えるでしょう。