DDS

DDS

DDS

DDSとは特約すると、負債と負債との交換という意味になり、金融機関の財務状況が低迷している融資先の企業の債権を、他の条件の債権に交換することで、債務者のリスクを軽くし、再生を目指す方法です。
もっと分かりやすく言うと、融資先が破綻した場合、他の債権より低い劣後ローンに換わります。

 

政府系列の金融機関の中には、許認可の問題で貸付金を株詞に借り換えることが出来ないところもあるのですが、そこではDESは利用できなく、それに代わるのがDDSなのです。
債権放棄のように債務を消滅させるものではないので、金融機関にとっても割と受け入れやすい手法で、この方法を使うと、DESが債務の株式化によるオフバランス化とされるのに対し、DDSは一部の債務を劣後化しただけなので、元本を返済しなければならない債務であることには変わりません。

 

長い期間に渡るリスケジュールと同じ効果だと思って頂ければ分かりやすいと思います。
効果を考えるとDDSだけでは低いので、取引する政府系の金融機関にはDDSを活用し、民間の金融機関にはDESを利用してもらうというように、他の手法と組み合わせて施すことで、債務の圧縮を企てるのが理想的な再生法と言えるのではないでしょうか。

債務者と債権者のメリットとデメリット

債務者にとっての最大のメリットは、通常ローンから劣後ローンに切り替わることでして、元本の返済を延期することができ、リスケジュールと同じように、一定期間の返済リスクが軽くなることと、優遇制度が利用できるので、債務免除益は発生しないので課税されることはありません。

 

しかし、DDSを受け入れた金融機関は、劣後ローン部分の金利を引き上げる可能性があり、今後は債務者の負担は大幅に軽減されなくなる恐れがあります。

 

また、DESとは事無い、将来的に必ず元本を返済しなければなりませんし、確実に債務の回収を行うために経営を監視することになり、コベナンツと言って、と皇帝の財務指標を行って以上に維持することを契約し、違反した場合には期限の利益を喪失させることや、融資条件の見直しを企てる契約で、場合によっては厳しい対応が待っています。

 

金融機関のメリットは、ローンの条件を変更するだけなので、手続きが簡単に行える事と、引当金の負担が軽くなり、更に経営の監視を強化出来ることが利点と言え、更にDDSは、ローンの条件が変わるだけなので、利息は引き続き支払ってもらえます。