債務者に投資

債務者に投資

債務者に投資

一般的に3年掛るとされている再生途上の債務者を力強く支える資金は、事業再生には必要で、行政がつくった地域再生ファンドや、外資系の再生ファンドが脚光を浴びているのに、正直いまひとつ根付いていないのが現状で、この現金を勢いよく投資する勇気がないのと、野望や展望がないと言って間違いないでしょうね。

 

ここ最近では、この課題を解決する再生ファンドが出始めており、競売にかけられそうな債務者の自宅や、所有する投資物件を買い取って、賃貸収入で利子も含めた収益の割合を出す再生ファンドです。

 

このファンドが債務者主導型と言われている理由として、債務者の自宅は一度再生ファンドに売却させますが、自宅に愛着があれば、相応の賃料で債務者がそこに住み続けることが出来るのが大きいです。

 

また、会社にビル管理の技能があるのであれば、ファンド運営会社は、物件のマネジメントを任せてくれることもあり、再生途上の債務者はて終了収入が得られます。

 

数年後に、債務者が再生を果たすことが出来たら、このファンドは債務者に物件を再取得の優先先を与えてくれます。
このような動きも日本で始まりつつあるので、新たなビジネスモデルを生み出して欲しいですね。

再生ファンドの理由

再生ファンドが生まれたのには、確固たる理由がありまして、それは事業再生の実務のプロであるTAMが運営し、再生過程の細かい知識や経験を豊富に持っている事とTAMが金融機関との交渉や不動産の扱いにも凄腕で、投資家の信頼を勝ち得ている事です。

 

そして、債務者とのコミュニケーションを密にして、実例にも応じて書く計画を書くので、債務者の再生がしやすくなります。

 

このような理由から、債務者には未来の再生を手助けし、投資家には利子も含めた収益の割合を重視したミドルリターンを保証することができ、基本的には金融機関が取引先と密な関係を長く維持して、顧客情報を蓄積し、その情報をもとに顧客にスムーズな資金の提供や、融資などの奉仕を行う事業の仕組みと定義されています。

 

とは言っても実際には、取引先の企業を細かく調べることで、破綻前に情報を掴んで対処するためのTAMの存在が希薄で、終わっている場合もあります。